カテゴリー「ロシア・ソ連映画」の記事

『ククーシュカ ラップランドの妖精』 2002 ロシア 監督:アレクサンドル・ロ ゴシュキン ○

ククーシュカ ラップランドの妖精
<敵対するロシア兵と、フィンランド兵は若い未亡人に助けられる。3人はそれぞれ言葉が通じないまま、奇妙な共同生活が始まる>

ククーシュカ ラップランドの妖精

フィンランド、というキーワードに惹かれて観ました。

続きを読む "『ククーシュカ ラップランドの妖精』 2002 ロシア 監督:アレクサンドル・ロ ゴシュキン ○"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鶴は翔んでゆく』1957 ロシア △

鶴は翔んでゆく
<戦争によって引き裂かれた、若い恋人の話>

モスクワは涙を信じない」でステキだったアレクセイ・バターロフが観たくて…。
「モスクワ~」よりはだいぶ若くって、かわいい!
しかし、途中から出番が無くなり悲しかった。
ヒロインと同じ気持ちでラストのラストまで、あの、ノホホンとした笑顔で、突然現われる事を期待していたのだが。
登場人物の感情の表現の映像が、いちいちダイナミックですごかった。
あと、拾ってきた、あの子供の小生意気さがおかしかった。

話はコテコテな戦争悲恋モノです。
主演女優の顔がとにかく、くどかった。

鶴は翔んでゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って 』1993/独=露=日=スイス=タジキスタン △

コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って

大好きな大好きな映画「ルナ・パパ」の監督の以前の映画なので期待して見た。
なかなか乗り切れず、ここから面白くなるんだろう…と、ずっと思いつつ。
結局最後まで乗れないまま、終わってしまった。
主役の男女がちょっと、ひどくて魅力なさ過ぎる。
せめて、女優だけでも、こんなおばさんみたいなパッとしない女じゃなかったら…。

コシュ・バ・コシュ(VHS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不思議惑星キン・ザ・ザ』1983 ソ連 ◎

不思議惑星キン・ザ・ザ

何だろうこの雰囲気は。一応SFなんだが、終始緊張感のかけらもなく、シュールでダラダラとゆるい展開。
慌てふためくことなく、やる気のなさそうな登場人物たち。なのに、観たものの心を奪う不思議な魅力がある。
私も見事に魅了されてしまった。特に主役のおじさんがいい。
突然変な世界にワープしたにも関わらず、冷静。何度も自分をだました変てこな宇宙人を助けようとする男らしさはどんな映画のヒーローよりも、男だ!
このおもしろさは口では説明できない。とにかく、まだ見てない人は一刻も早く観る事!!

不思議惑星キン・ザ・ザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)