カテゴリー「ドイツ映画 ◎」の記事

『ウィスキー』2004 ウルグアイ・アルゼンチン・スペイン・独 ◎

ウィスキー
Whisky / ウィスキー [ウルグアイ映画](「Reino de Reine」さん)
<職場の同僚の中年男女、ある事情で夫婦を演じることになり…>

フィンランドの小津安二郎がアキ・カウリスマキ。
この映画が南米のアキ・カウリスマキと言われるのならば、好きにならずにいられない。
若い奴らの恋愛よりも、こういうのが観たい!
DVDのジャケットもセンスいいし、まさしく、こういう映画が観れて幸せだ。

ウィスキー [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『トト・ザ・ヒーロー』1991  ベルギー/フランス/ドイツ ◎

トト・ザ・ヒーロー(キネマ旬報DB/Walkerplus.com)
トト・ザ・ヒーロー(「ヒーリング日記」さん)

優しくて、切なくて、ほろ苦くて、ファンタジックで、ちょっとミステリーもあり、ノスタルジックで……。
いろーんなモノが短いこの映画にあふれんばかりにつまっている。
1人の人間の人生を優しくて、切なくて、ほろ苦くて、ファンタジックに描かれている。
この映画の素晴らしさをどう説明しても、表現しきれない。きっと、映画好きの人々の心をつかむ色んな要素がたくさんあるんだと思う。

なんだか、最後まで空回りの男の人生だったが、ラストが優しくて、あたたかくて、ステキ。
構成も見事で、夢中で観た。心を奪われてしまった。素晴らしい映画に出逢った。
ただひとつ、トマ(主人公)の子供時代、老人役の俳優はバッチリだったが、青年役の俳優がなんだかキモかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)