カテゴリー「フランス映画 △」の記事

『リトル・ランボーズ』2007 英・仏 監督/ガース・ジェニングス △

リトル・ランボーズ [映画(ヨーロッパ)](「それならいっそ猫またぎ」さん)
<親友同士のウィルとリーは、映画「ランボー」に感銘を受け、「ランボーの息子」という自主制作映画を撮る>

リトル・ランボーズ

これは完全に男目線の映画で、女の私の感性には、何も反応しませんでした。

続きを読む "『リトル・ランボーズ』2007 英・仏 監督/ガース・ジェニングス △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『恋は3,000マイルを越えて』 2009 カナダ・仏  出演/メラニー・ロラン ジャスティン・バーサ  △

『恋は3,000マイルを超えて』(「シネマな生活」さん)
<クロエは出張で飛行機を利用後、手違いで他人のトランクが手元に届く。中身を見て…見ず知らずのトランクの持ち主に恋をしてしまう>

恋は3,000マイルを越えて

主役の男女、二人ともビジュアル的にちょっと影のある感じが、好みの顔です。
なので、二人それぞれを見てるだけで、目の保養でした。

続きを読む "『恋は3,000マイルを越えて』 2009 カナダ・仏  出演/メラニー・ロラン ジャスティン・バーサ  △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ずっとあなたを愛してる』 2008 仏&独 監督・フィリップ・クローデル  △

ずっとあなたを愛してる(「佐藤秀の徒然幻視録」さん)
<息子を殺して、15年の刑務所暮らしから出所したジュリエットは妹家族のもとに身を寄せるが…>

ずっとあなたを愛してる [DVD]

かなり評判は良いみたいだが、私には退屈だった。
前半はシンプルですぐに引き込まれたんだが、その後はダラダラダラダラ…長い。

続きを読む "『ずっとあなたを愛してる』 2008 仏&独 監督・フィリップ・クローデル  △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『幸せはシャンソニア劇場から』 2008 仏・独・チェコ △

<不況のあおりから、閉鎖に追いやられたシャンソニア劇場。再開しようと、仲間が集まり、奮闘する>

幸せはシャンソニア劇場から

フランスってシニカルなイメージが強いが、こういう人情喜劇みたいなのも、あるんだね。
何か、フランス版、山田洋次の映画みたい。

続きを読む "『幸せはシャンソニア劇場から』 2008 仏・独・チェコ △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ココ・アヴァン・シャネル』 2009 仏 △

ココ・アヴァン・シャネル [映画](「映画鑑賞★日記・・・」さん)
<後に有名デザイナーとなった、フランス女性ココ・シャネルの半生を描く>

ココ・アヴァン・シャネル

シャネルには全く興味なったけど、昔に生きた女性の自伝とか半生とかに興味があるので、鑑賞する。

続きを読む "『ココ・アヴァン・シャネル』 2009 仏 △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ある公爵夫人の生涯』 2008 英・仏・伊 △

ある公爵夫人の生涯
<故ダイアナ妃の祖先にあたるデヴォンシャー公爵夫人の生涯を描く>

B003M2EZAE

「いいかげんにしろー!!」って、暴れたい位、「またコイツ?」のキーラ・ナイトレイです。何度も言うが、イギリスには女優はこの女しかいないの?

続きを読む "『ある公爵夫人の生涯』 2008 英・仏・伊 △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Mr.レディ Mr.マダム』 1978 仏&伊 △

Mr.レディ Mr.マダム
<中年オカマカップルが、息子の結婚の為に奮闘しちゃう話>

B00006AGIO

何度も挫折して、やっと観たものの、それでもなかなか集中できなくて、気が遠くなった。
ホントにこれ面白い?

続きを読む "『Mr.レディ Mr.マダム』 1978 仏&伊 △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『恋愛睡眠のすすめ』 2006 仏・伊 監督/ミシェル・ゴンドリー △

恋愛睡眠のすすめ
<メキシコから仏にやって来た青年。毎晩、会社の人々や片思い中の女の子が夢に出てくる。しだいに、夢と現実の区別がつかなくなってきて>

恋愛睡眠のすすめ

だいぶ前に、観たことあるんだけど、退屈して途中で挫折。
エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション」や「僕らのミライへ逆回転」は大好きなのにー、と思い直し、再挑戦。
だけど、やっぱり退屈した。

続きを読む "『恋愛睡眠のすすめ』 2006 仏・伊 監督/ミシェル・ゴンドリー △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『TOKYO!』 2008 仏・日・韓・独 △

『TOKYO!』
<東京を舞台に、ミシェル・ゴンドリー(エターナル・サンシャインの監督)、レオス・カラックス、ポン・ジュノ監督による、3話オムニバス>

TOKYO!

ミシェル・ゴンドリーの第1話は、かわいくて、いい感じだった。
加瀬亮が、かなり寒い感じの青年役で、相手役の藤谷文子が…あまり可愛くないね。

続きを読む "『TOKYO!』 2008 仏・日・韓・独 △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アヴリルの恋』2006 仏 △

アヴリルの恋
<修道女のアヴリルは、兄の存在を知り、逢いに行く…が、外の世界は初めての事だらけで、戸惑う>

アヴリルの恋

母役の修道女が何か見た事があると思ったら、ミュウ・ミュウだった!懐かしいな。
話は、いかにも仏映画って感じで、ダラダラしてるねー。

続きを読む "『アヴリルの恋』2006 仏 △"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧