« 『NANA-ナナ-』 2005 監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 主/中島美嘉 宮﨑 あおい △ | トップページ | 『恋のスラムダンク』 2010 米 監督/サナ・ハムリ ○ »

『君に届け』 2010 監督/ 熊澤尚人 出演/ 多部未華子 、 三浦春馬 他 △

映画 「君に届け」(「本読め 東雲(しののめ) 読書の日々」さん)
<友達が居なくて、クラスで浮いた存在の爽子は、学校一の人気者の男の子と接近する>

君に届け

たまに、こういう青春&学園モノを観ると、みずみずしい気持ちになれる。
体育祭とか、肝試しとか、大人になったらなかなか、ないよね。
何の飛び道具もない、ごくフツーの田舎の高校生の恋愛を描いていて、好感が持てます。

監督はあの、最高に痛い映画「おと・な・り」の監督なんで(途中で気づいた)、あ!やばいかなー??と不安がよぎったけども、大丈夫でした!
変なクセもなく、観やすい、さわやか、退屈もしないです。

でも、時々、微妙な処があって、くるみ(桐谷美玲)が、三浦春馬演じる風早に、告白してフラれる訳だが、フラれた後のくるみの台詞「こんな可愛い女の子に告白される事なんて、二度とないぞ!」みたいな、事を言うんだけど、プって笑っちゃった。
バブリーな匂いがした。

矢野さん(夏菜)と、くるみ(桐谷美玲)の化粧&髪型がキャバ嬢みたいだし。
男にもてる設定の女はこういう、昔風のギャルっぽくしちゃうのが、ダサい。
この監督はほんと、バブリーさを引きずってるね。やっぱ、センスはないかも。

後半、両想いなのに、気持ちを伝え合うまでが、くどくて、ちょっとひっぱりすぎで、ダレちゃった。
大晦日の夜に、コンサート抜け出して、逢いに走って、告白って、トレンディドラマみたいだね、今時ね~。

千鶴役の、蓮佛美沙子が演技もうまいし、かわいい!魅力的です。
一番、目立ってた。キャラも合っていた。
今後、絶対売れそう。
大林監督の自らのリメイク「転校生」に主演しているので、観ようかな。

多部未華子 は、可愛すぎない処が、少女漫画の定番っぽくて、リアルでした。

|

« 『NANA-ナナ-』 2005 監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 主/中島美嘉 宮﨑 あおい △ | トップページ | 『恋のスラムダンク』 2010 米 監督/サナ・ハムリ ○ »

日本映画 △」カテゴリの記事

邦画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/59181372

この記事へのトラックバック一覧です: 『君に届け』 2010 監督/ 熊澤尚人 出演/ 多部未華子 、 三浦春馬 他 △:

« 『NANA-ナナ-』 2005 監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 主/中島美嘉 宮﨑 あおい △ | トップページ | 『恋のスラムダンク』 2010 米 監督/サナ・ハムリ ○ »