« 『わすれた恋のはじめかた』 2009 米 ブランドン・キャンプ監督・脚本 ○ | トップページ | 『カケラ』 2009 原作・桜沢エリカ  監督・安藤モモ子  △ »

『50歳の恋愛白書』 2009 米 監督レベッカ・ミラー  △

50歳の恋愛白書(LOVE Cinemas 調布」さん)
<主婦のピッパ・リーは、30歳も年上の夫と田舎で暮らしている。ある日、夫と自分の親友の不倫が判明。>

50歳の恋愛白書

50代の(ホントは40代らしい)ロビン・ライトは、若い頃を演じたブレイク・ライヴリーより、キレイ!

ロビン・ライの若い頃を演じたブレイク・ライヴリーはどーみても、ミス・キャスト!!
この若手女優、なんだが、観た事あると思ったら、「旅するジーンズ」に出てた女だね。
一番嫌いだったな。
 
また、老け顔のくせに、真っ赤な口紅なんて塗るから、下品なアバズレにしか見えないんだけど。
おかげで、この主人公がバカっぽく見えて仕方なかった。
アメリカではこういう、男顔のモアイ像みたいな女が人気らしい。
理解できない。
 
品のあるロビン・ライトと、下品なブレイク・ライヴリーがつながらなくて、同一人物とは無理ありすぎ。
雰囲気がまるで違うんだって。
 
ウィノナ・ライダーは落ちたねー、ふくれっつらは、若い頃ならかわいいけど、年いくと、ただの目つきの悪いおばさんだね。
17歳のカルテ」の頃は、まだ透明感があってかわいかったのに。
 
キアヌ・リーブスって、熟女のお相手専門の俳優になっちゃったの?
 
ストーリーは退屈せずに観れたけども、どーもスッキリしなかった。
母親や娘との確執の意味もよく分からなかったし、年上の夫との出逢いもきっちり描かれていた割にはよく理解できなかった。
どこを好きになったって?
 
ラストの娘の反応もいまいちよく分からなかった。
 
逆に、キアヌ君との心のふれあいはよく描かれていたと思う。
夫があーなったのも、いまいち。
若い男と付き合うのを見せつけて、色ボケ爺をギャフンと言わせる展開なら、私は面白かったけどな。
 
ロビン・ライトの子供にしては、双子が2人ともブサイクだったね。

|

« 『わすれた恋のはじめかた』 2009 米 ブランドン・キャンプ監督・脚本 ○ | トップページ | 『カケラ』 2009 原作・桜沢エリカ  監督・安藤モモ子  △ »

アメリカ映画 △」カテゴリの記事

洋画 カ行」カテゴリの記事

コメント

はじめまして^^見てる映画僕と似てますね、参考にまた来ます~

投稿: パピ | 2013年2月11日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/56593260

この記事へのトラックバック一覧です: 『50歳の恋愛白書』 2009 米 監督レベッカ・ミラー  △:

« 『わすれた恋のはじめかた』 2009 米 ブランドン・キャンプ監督・脚本 ○ | トップページ | 『カケラ』 2009 原作・桜沢エリカ  監督・安藤モモ子  △ »