アメリカ映画

2008年9月19日 (金)

[映画] セックス・アンド・ザ・シティ

映画『セックス・アンド・ザ・シティ』8.23“スクリーン”デビュー  8.16&17先行上映決定

観てきました。

続きを読む "[映画] セックス・アンド・ザ・シティ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

[DVD] ストレイト・ストーリー (1999)

ストレイト・ストーリー
ストレイト・ストーリー

73歳の老人が芝刈り機に乗って、アイオワ州から
隣りのウィスコンシン州まで、350マイル(約563キロ)を
旅するというお話。
実話が元になっているという。

続きを読む "[DVD] ストレイト・ストーリー (1999)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

[DVD] アバウト・シュミット (2002)

アバウト・シュミット

監督は「ハイスクール白書」のアレクサンダー・ペイン。
今作では名優ジャック・ニコルソンを主演に迎えている。

続きを読む "[DVD] アバウト・シュミット (2002)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

[DVD] ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ! (1999)

ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!

最近ジュリア・ロバーツを抜いて、ハリウッドで最も
ギャラが高い女優になったというリース・ウィザースプーンの
ブレイク以前の出演作。

日本では劇場未公開で、邦題もパッとしないため
(原題は「election」)あまり知られてないが、実は
かなりの傑作とのこと。
観てみたら、パンチの効いたコメディで、たしかに
たいへん面白かったです。

人気blogランキング

続きを読む "[DVD] ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ! (1999)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

[映画] プライベート・ベンジャミン (1981)

DVD

「アボット&コステロ、マーチン&ルイス以後、ずっとみられなかった、あの軍隊喜劇のパターンに、ゴールディ・ホーンが挑戦」。

続きを読む "[映画] プライベート・ベンジャミン (1981)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

[映画] ハピネス (1998)

ハピネスHAPPINESS

愛すべき変態バカ映画。
あまり大きな声では言えないが、かなり好きだ。

人気blogランキング

続きを読む "[映画] ハピネス (1998)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

[映画] ペーパー・ムーン (1973)

ペーパー・ムーン
ペーパー・ムーン

なんといってもテイタム・オニールがかわいい。

続きを読む "[映画] ペーパー・ムーン (1973)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

[映画] みんなのうた

みんなのうた 特別版
みんなのうた 特別版

「ドック・ショウ!」のクリストファー・ゲスト監督。
今作も擬似ドキュメンタリーである。

続きを読む "[映画] みんなのうた "

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月22日 (水)

「ミア・ファロー自伝」と「くたばれ!ハリウッド」

ミア・ファロー自伝―去りゆくものたち
ミア・ファロー自伝―去りゆくものたち

さみしい副題だ・・・。

人気blogランキングへのリンク

続きを読む "「ミア・ファロー自伝」と「くたばれ!ハリウッド」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月29日 (土)

[映画] エド・ウッド (ティム・バートン監督)

Edo Wood

P0529.jpg

監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ/マーティン・ランドー/サラ・ジェシカ・パーカー/ビル・マーレイ

いい映画でした。

史上最低の映画監督と呼ばれたエド・ウッドの伝記映画。
エド・ウッドの映画への大いなる情熱に対する、
ティム・バートン監督をはじめとした製作陣一同の敬意と愛情が、
全編を通して滲み出ていた。
見終わって、あたたかい気持ちになりました。

見どころは多くて書ききれない。
まずジョニー・デップの演技が素晴らしい。
本人がのりうつっているかのようだった。
ベラ・ルゴシを演じたマーティン・ランドーもよかった。

ふたりとも一面ではコミカルなキャラクターだが、
明るいばかりではなく、影の部分をかくし持つ。
不遇に悩める者同士、互いへの尊敬が友情となる。
エドはベラのために映画を作ろうとし、ベラはエドのために泥にまみれて熱演する。
二人の奇妙な友情に胸が熱くなる。

やがて集結するエド・ウッド一座が、奇人変人ばかりでおもしろい。
そのうちのひとりが巨体のプロレスラー、トー・ジョンソンだが、
エドはプロレスの試合会場で彼をスカウトする。

プロレスファンとしては、50年代のプロレス会場がいい感じで
再現されているのにも感心した。
よく知らないが、トーを演じたジョージ・“ジ・アニマル”・スティールも
現役のプロレスラーらしい。

エド・ウッド(DVD)

| | コメント (0) | トラックバック (0)