« [DVD] マッチポイント (2005) | トップページ | [DVD] タロットカード殺人事件 (2006) »

2008年7月 3日 (木)

第139回芥川賞・直木賞候補作発表

久しぶりに更新。
一応定例になっているので。

「愛しの座敷わらし」候補に 芥川・直木賞候補作発表(朝日新聞)
芥川、直木賞 候補作を発表 選考会は15日(北海道新聞)

▼芥川賞
磯崎憲一郎「眼と太陽」(文芸夏号)
岡崎祥久「ctの深い川の町」(群像6月号)
小野正嗣「マイクロバス」(新潮4月号)
木村紅美「月食の日」(文學界5月号)
津村記久子「婚礼、葬礼、その他」(文學界3月号)
羽田圭介「走ル」(文芸春号)
楊逸「時が滲む朝」(文學界6月号)

▼直木賞
井上荒野『切羽へ』(新潮社)
荻原浩『愛しの座敷わらし』(朝日新聞出版)
新野剛志『あぽやん』(文藝春秋)
三崎亜記『鼓笛隊の襲来』(光文社)
山本兼一『千両花嫁 とびきり屋見立て帖』(文芸春秋)
和田竜『のぼうの城』(小学館)

芥川賞は磯崎憲一郎、木村紅美、羽田圭介の3人が初候補。
直木賞は新野剛志と和田竜の2人が初候補とのこと。

和田竜の『のぼうの城』はデビュー作だそうです。
評判がいいみたいですね。

のぼうの城
のぼうの城

|

« [DVD] マッチポイント (2005) | トップページ | [DVD] タロットカード殺人事件 (2006) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/41725208

この記事へのトラックバック一覧です: 第139回芥川賞・直木賞候補作発表:

« [DVD] マッチポイント (2005) | トップページ | [DVD] タロットカード殺人事件 (2006) »