« 芥川賞・直木賞候補 発表 | トップページ | 芥川賞・直木賞 決定 »

2008年1月14日 (月)

[本] 鹿男あをによし(万城目学)

鹿男あをによし

最近気になっていた作家。今度ドラマ化されるというので手にとった。
よくこんな話思いつくなあ!と感嘆しながら、かなり楽しく読んだ。

鹿がしゃべるという奇想天外な話で、SFかファンタジーといってもいいくらいだ。
ふだんファンタジーものは受けつけないのだけど、日本の神話や
古代史に絡めて話が展開するためか、抵抗なく読めた。
もっと歴史の知識があって、奈良に土地勘があればより楽しめたのかもしれない。

あまり緊張感のない謎と脱力ギャグにみちたストーリーは、中盤
剣道の試合で少し盛り上がり、ラストは超爽やかにまとまっている。
なんとも人を喰った話だけど、読後は好感を持たずにいられなかった。
いや、参りました。


鹿男あをによし
 幻冬舎 2007年 ISBN: 978-4344013148

鹿男あをによし(フジテレビ)

|

« 芥川賞・直木賞候補 発表 | トップページ | 芥川賞・直木賞 決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/17686169

この記事へのトラックバック一覧です: [本] 鹿男あをによし(万城目学):

« 芥川賞・直木賞候補 発表 | トップページ | 芥川賞・直木賞 決定 »