« [本] 『荒地の恋』(ねじめ正一) | トップページ | [本] 鹿男あをによし(万城目学) »

2008年1月 7日 (月)

芥川賞・直木賞候補 発表

直木賞候補は北海道出身者が2名とのこと。

芥川賞候補に初の中国籍作家、楊逸さん「ワンちゃん」(読売新聞)
芥川賞候補に初の中国人、楊逸さん(朝日新聞)
直木賞 札幌市在住の佐々木譲さん候補に 浦河町出身の馳星周さんも
(北海道新聞)

▼芥川賞
楊逸(43)「ワンちゃん」(文学界12月号)
川上未映子(31)「乳と卵」(文学界12月号)
田中慎弥(35)「切れた鎖」(新潮12月号)
津村記久子(29)「カソウスキの行方」(群像9月号)
中山智幸(32)「空で歌う」(群像8月号)
西村賢太(40)「小銭をかぞえる」(文学界11月号)
山崎ナオコーラ(29)「カツラ美容室別室」(文芸秋号)。

▼直木賞 
井上荒野(46)「ベーコン」(集英社)
黒川博行(58)「悪果」(角川書店)
古処誠二(37)「敵影」(新潮社)
桜庭一樹(36)「私の男」(文芸春秋)
佐々木譲(57)「警官の血」(新潮社)
馳星周(42)「約束の地で」(集英社)

佐々木譲「警官の血」は「このミス」でも1位でした。
馳星周も久しぶり。

桜庭一樹「私の男」は北海道が舞台になっているとのことで、
これから読もうとしていたところだった。

私の男
私の男
桜庭一樹

井上荒野は井上光晴の娘。

ベーコン
ベーコン
井上荒野

芥川賞、川上未映子は今回「文學界」だから、いけるかも。

先端で、さすわさされるわそらええわ
先端で、さすわさされるわそらええわ
川上未映子

|

« [本] 『荒地の恋』(ねじめ正一) | トップページ | [本] 鹿男あをによし(万城目学) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/17607089

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞・直木賞候補 発表:

« [本] 『荒地の恋』(ねじめ正一) | トップページ | [本] 鹿男あをによし(万城目学) »