« 丸瀬布温泉 マウレ山荘 | トップページ | [DVD] 家族の肖像 (1993) »

2006年12月 8日 (金)

[DVD] 女の人差し指 (1986年作品)

女の人差し指

「向田邦子新春スペシャル」としてTV放映されたもの。
田中裕子と久世光彦の初顔合わせの作品だそうである。

開戦間近の昭和15年。
菊坂家は軍人遺族の一家であった。

母(加藤治子)と娘ふたり、女三人の家族。
長女文子(田中裕子)には、軍人で上海駐在中の
婚約者(小林薫)がいる。

文子の婚約者・三村は、緊迫する情勢のなかで、
いつ帰国するとも知れなかった。
出征前、婚約の解消を申し出た三村に、文子は
未亡人になってもいいから待っている、と告げていた。

そんな折、文子は夜道で暴漢に襲われ、間一髪のところを
通りがかった男性・連城(四谷シモン)に助けられた。

後日、文子は礼を言うために連城の住まいを訪れる。
それをきっかけに、ふたりの淡い交流がはじまる。

やがて、文子の心は婚約者三村と、連城の間で
揺れるようになり・・・。

---

四谷シモンがかっこよいです。
この人は人形作家でもあり、ごく限られた範囲でしか
俳優活動をしていない。
しかし向田・久世ドラマでは常連であります。

今作では、ヒロインの相手役という重要な役どころ。
じつは演技はあまりうまくない。
だけど、雰囲気があって渋いんですな。
無精ひげとささやき声で、あやしい色気がある。
非常にかっこよかった。

そしてヒロインの田中裕子、抑えた演技ですばらしい。
特にそれらしいシーンはないのだが、なぜかエロい。

母親役の加藤治子。
妙に意味深なしぐさで、これまた色っぽい。

こんなあやしく色っぽいドラマが、家族がテレビの前に揃う
お正月に放映されて、よかったんでしょうか。
見ていた家族は、気まずくなったりしなかっただろうか。

そんなことはまあいいとして、とても面白かったです。
昨年から相次いで出ている向田・久世ドラマDVDの中の一本。
おすすめですよ。


女の人差し指

1986年 日本

原作:向田邦子
演出:久世光彦
出演:田中裕子、洞口依子、加藤治子、小林薫、四谷シモン 他

原作:向田邦子「女の人差し指

病院ギャラリー―717days 2001‐2003
病院ギャラリー―717days 2001‐2003

|

« 丸瀬布温泉 マウレ山荘 | トップページ | [DVD] 家族の肖像 (1993) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/11037125

この記事へのトラックバック一覧です: [DVD] 女の人差し指 (1986年作品):

« 丸瀬布温泉 マウレ山荘 | トップページ | [DVD] 家族の肖像 (1993) »