« 旭川出身の清水博子さんが芥川賞候補に | トップページ | 芥川賞・直木賞決定 »

2006年1月12日 (木)

「はいからさんが通る」を読んだ

はいからさんが通る 全4巻セット 講談社漫画文庫
はいからさんが通る 全4巻セット 講談社漫画文庫

大和和紀を読むのは初めて。
正直驚きました・・・こんなに面白いとは!


人気blogランキング

長編マンガの傑作だと思います。
今までは長編マンガなら手塚治虫が一番、と
思っていたけれど、少女マンガも侮れないですな。

少年マンガと違うな、と思ったのは、
キャラクターが次々に衣装換えすること。
大正時代ファッションが楽しい。

ヒロイン紅緒(べにお)のドタバタぶりもすごい。
少女マンガなんだから、別にドタバタは
求められてないだろうと思うけど。
物語の筋だけをみれば、いわゆる「戦争悲恋もの」なんだし。

しかし、たぶん作者がドタバタを描きたかったんだろうなあ。
とにかく好き放題に描いているという感じだ。
かなりギャグが暴走してるけど、それでいてストーリーが
ちゃんとまとまってるのに感心する。
いやあ、面白かった。

はいからさんが通る Wikipedia
はいからさんが通る ファンサイト

はいからさんが通る:「おやじの漫画語録」さん

はいからさんが通る
はいからさんが通る (DVD)
実写映画化された「はいからさんが通る」。
出演:南野陽子、阿部寛、田中健、柳沢慎吾、松原千明、他


旧版はほとんど1冊1円で買えちゃう。(※送料はかかります)
はいからさんが通る―花の東京大ロマン (1)講談社コミックスフレンド (676巻)
はいからさんが通る―花の東京大ロマン (2)講談社コミックスフレンド (677巻)
はいからさんが通る―花の東京大ロマン (3)講談社コミックスフレンド (678巻)
はいからさんが通る―花の東京大ロマン (4)講談社コミックスフレンド (717巻)
はいからさんが通る―花の東京大ロマン (5)講談社コミックスフレンド (718巻)
はいからさんが通る―花の東京大ロマン (6)講談社コミックスフレンド (719巻)
はいからさんが通る―花の東京大ロマン (7)講談社コミックスフレンド (720巻)
はいからさんが通る―番外編講談社コミックスフレンド (744巻)

はいからさんが通る 全8冊セット
はいからさんが通る 全8冊セット

はいからさんが通る [文庫版セット]

はいからさんが通る コミックセット

大型古本店などでも、格安でセット販売されていると思います。
まだ未読の方は、おすすめですよ。ぜひ読んでみてください。

|

« 旭川出身の清水博子さんが芥川賞候補に | トップページ | 芥川賞・直木賞決定 »

コメント

こんにちわ。久しぶりに来てみましたw
子供の頃少女フレンドに連載されていた時に読んだ懐かしいコミックです。(歳がバレバレですがw)
学生時代には、源氏物語を元にした「あさきゆめみし」なんかも読んでましたね~。
なにしろ、大和和紀の描くコミックは、あたし達の時代に強烈に流行ったんですよ。
今、読んでも面白いって事は、ホント凄いと思うのです

投稿: しをり | 2006年2月 8日 (水) 20:19

あ、少女フレンドじゃなくてマーガレットだったかも(両方買ってたのよね)

投稿: しをり | 2006年2月 8日 (水) 20:22

しをりさんコメントありがとうございます。
リアルタイムの読者さんの貴重なご意見、
とてもありがたいです。

やはり大和和紀は流行っていたですか。
おっしゃるとおり、
少女漫画として当時たくさんの女の子たちに読まれ、
いまおっさんの私が読んでもおもしろいというのは
ほんとに驚異的です。
大正時代の歴史的背景がうまく話に取り入れられてて、
おとな向けでもじゅうぶんに通用する漫画ですね。

また気軽にコメントしてください。

投稿: ヒグマ | 2006年2月 9日 (木) 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/7771904

この記事へのトラックバック一覧です: 「はいからさんが通る」を読んだ:

« 旭川出身の清水博子さんが芥川賞候補に | トップページ | 芥川賞・直木賞決定 »