« [映画] カイロの紫のバラ (1985) | トップページ | ペンギンちゃん »

2005年8月27日 (土)

[映画] 大根と人参 (1965)

小津安二郎が遺作「秋刀魚の味」の次作として
企画していたという幻の作品。
小津の死後、残された原案を元に
「小津安二郎記念映画」として制作された。
監督は渋谷実。

(ちょっとネタバレ)
人気blogランキングへのリンク

山樹東吉(笠智衆)は商社勤め。
30年間会社ひとすじで、苦労して管理職の地位を手に入れた。
妻と4人の娘がいる。
上から3番目まではすでに嫁に出し、現在は
妻の信代(乙羽信子)と末娘の恵子(加賀まりこ)とで
3人暮らしをしている。

家庭では亭主関白で、「オーイ」だけで信代に
あらゆる用事をいいつける。
信代はじっと耐えて夫の世話をしている。

ある晩山樹は同窓会の席上で、旧友の鈴鹿(山形勲)と口論する。
同級生のひとりが癌を患い、本人に病名を告げるべきか否かで
意見が分かれたからだ。
二人は子どものようにムキになって言い争う。
どちらも譲らぬまま散会するが、帰宅後も電話で激しくやりあう。

そんな折、社長夫人が催すパーティーから帰ってきた信代が、
突然山樹に怒りをぶちまける。
自分がいかに亭主のために耐えてきたか。
積もり積もった不平不満を爆発させる。
信代の剣幕に山樹は驚き、たじたじとなる。

そうかと思うと、山樹の弟康介(長門裕之)もやってくる。
会社の金を使い込んだという。
山樹は逆上するが、自分が世話をして会社に入れた弟である。
仕方なく蓄えの中から補てんしてやることにする。

翌日、金を工面するために訪れた証券会社。
そこで山樹は、割れたガラス窓の向こうに青い空を見る。

その瞬間、山樹は新幹線に乗っていた。
そのまま山樹は家出してしまう・・・。

---

笠智衆はじめ、小津監督ゆかりの俳優たちがたくさん出演している。
その点で小津ファンには嬉しい映画だ。

小津映画定番の同窓会風景や、ローアングルの構図など、
小津監督を意識した演出もみられる。

しかし映画全体を通してみると、やはり小津映画とはかなり違う。
小津が親子や夫婦を中心とした家族内のドラマを撮ったのに対して、
この映画では一家の長たる父親が家庭を飛び出してしまう。
方向性としては全く逆かもしれない。

全体の雰囲気としても、小津作品とは全然似ていない。
どちらかというとドタバタ気味。軽妙でテンポがよく、俗っぽい。

このあたり、渋谷監督が持ち味を発揮してるのか。
長門裕之のお調子者キャラは小津映画ではありえない。
加賀まりこがフィアンセとイチャついたり。

そして何といっても笠智衆。
小津組では演出でガチガチに縛られていたという笠智衆だが、
この映画では実にのびのびしている。

酔っ払ってケンカして、「さよなら!」といって電話を切る場面、
家出して一人になり、「ザマーミロー!!」と絶叫する場面など
最高に可笑しかった。
家出から帰ってからの奥さんとのシーンにはホロリとさせられた。
笠智衆だって演技するのだ!
大声を出したり早口で喋ったりもできるのだ。

ラスト、家出の理由を鈴鹿と語り合う場面もよかった。
結局山樹の心中の鬱憤を一番理解していたのは、
冒頭で大喧嘩していた旧友の鈴鹿だったという。

まあとにかく本当に笠智衆はすばらしい。

他の小津映画常連組の、桑野みゆき、岡田茉莉子、池部良、
有馬稲子、司葉子らはチョイ役だ。顔見せ程度という感じ。

中村伸郎、相変わらず渋い。
ビデオのパッケージには杉村春子の名前もあったが・・・。
どこに出ていたかわからなかった。


小津安二郎が松竹のスター監督だった頃、小津に次ぐ
2番手のポジションを木下恵介らと争っていたのが渋谷実。

だが調べてみると、渋谷実監督作は全くDVD化されていない!
木下恵介はDVD-BOXが出てるのに・・・。

獅子文六原作の「てんやわんや」や「自由学校」などの監督作もある。
渋谷実作品、他にももっと見たいものだ。

大根と人参

1965年 日本

監督:渋谷実
出演:笠智衆、乙羽信子、加賀まり子、岩下志麻、山形勲、中村伸郎、桑野みゆき、岡田茉莉子、池部良、加東大介、森光子、有馬稲子、司葉子


大根と人参(goo映画)
 こちらでキャストを見ると社長夫人が杉村春子となっている。
 あれ?そうだったかな・・・東山千栄子ではなかったか??

大根と人参(JTNEWS)

大根と人参(VHS)
笠智衆
加賀まりこ
乙羽信子
岩下志麻

|

« [映画] カイロの紫のバラ (1985) | トップページ | ペンギンちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/5613022

この記事へのトラックバック一覧です: [映画] 大根と人参 (1965):

« [映画] カイロの紫のバラ (1985) | トップページ | ペンギンちゃん »