« [本] 消えた直木賞 男たちの足音編 | トップページ | 旭山動物園 DVD付写真集 »

2005年7月 7日 (木)

芥川賞・直木賞の候補がきまる

芥川、直木賞の候補決まる、選考会は14日(日刊スポーツ)

「同時多発テロ」という言葉をまた聞くことになるとは。
合掌。

第133回芥川賞の候補作が発表されました(文藝春秋)

■芥川賞
伊藤たかみ「無花果カレーライス」(文芸夏号)
楠見朋彦「小鳥の母」(文学界6月号)
栗田有起「マルコの夢」(すばる5月号)
中島たい子「この人と結婚するかも」(すばる6月号)
中村文則「土の中の子供」(新潮4月号)
樋口直哉「さよなら アメリカ」(群像6月号)
松井雪子「恋蜘蛛」(文学界6月号)

第133回直木賞の候補作が発表されました(文藝春秋)

■直木賞
絲山秋子「逃亡くそたわけ」(中央公論新社)
恩田陸「ユージニア」(角川書店)
朱川湊人「花まんま」(文芸春秋)
古川日出男「ベルカ、吠えないのか?」(文芸春秋)
三浦しをん「むかしのはなし」(幻冬舎)
三崎亜記「となり町戦争」(集英社)
森絵都「いつかパラソルの下で」(角川書店)

あら、絲山さん今回は直木賞の候補?

人気blogランキングへのリンク

中村文則は「悪意の手記」で17年度の三島由紀夫賞候補。
三崎亜記「となり町戦争」も三島賞候補。(ともに受賞ならず)

三浦しをんは「私が語りはじめた彼は」で
17年度の山本周五郎賞候補、受賞はならず。

逃亡くそたわけ
逃亡くそたわけ
ユージニア
ユージニア
花まんま
花まんま
ベルカ、吠えないのか?
ベルカ、吠えないのか?
むかしのはなし
むかしのはなし
となり町戦争
となり町戦争
いつかパラソルの下で
いつかパラソルの下で

|

« [本] 消えた直木賞 男たちの足音編 | トップページ | 旭山動物園 DVD付写真集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/4872818

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞・直木賞の候補がきまる:

« [本] 消えた直木賞 男たちの足音編 | トップページ | 旭山動物園 DVD付写真集 »