« 上富良野にてポニーと戯れる | トップページ | 「ミア・ファロー自伝」と「くたばれ!ハリウッド」 »

2005年6月18日 (土)

[映画] トーク・トゥ・ハー (2002)

トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション

初めてスペイン映画をみた。
衝撃的だった・・・。

人気blogランキングへのリンク

境界線上の絶妙なバランス感覚というか、
ある一線を越えそうで越えないかと思っていたら
やっぱり越えてしまうという意地の悪い話。

この監督は真面目なのか不真面目なのか、
芸術的な面と俗っぽい面と両面がある。
ギリギリの境目を突いてくるところがうまい。

男女の関係についてもそう。
ペドロ・アルモドバル、映画雑誌の
「この映画がすごい!」では「ペド美ちゃん」と
呼ばれておった。
男性の気持ちも女性の気持ちもわかる人には
本当にかなわないなと思う。
感服しました。

ドイツの現代舞踏家ピナ・バウシュのダンス、
ブラジルのミュージシャン、カエターノ・ヴェローゾの
演奏が作中に取り入れられている。
全く知らなかった人たちだが、映画の良さとも
あいまって、とても強く印象に残った。

それから何といっても作中の奇妙なサイレント映画。
この短い映画がきっかけとなってストーリーが劇的に
動き出すわけだが、この映画自体も傑作だ。

キャストもみんなすばらしい。
若干の気持ち悪さはあるのだけれど、完璧な映画だった。
すばらしかった。
すごい。この監督はすごい。


トーク・トゥ・ハー

talk to her

2002年 スペイン

監督:ペドロ・アルモドバル
出演:レオノール・ワトリング、ハビエル・カマラ、ダリオ・グランディネッティ、ロサリオ・フローレス、ジェラルディン・チャップリン

talk to her(公式サイト) [キャスト]

トーク・トゥ・ハー@映画生活
トーク・トゥ・ハー(Yahoo!ムービー)
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVDレンタル」livedoor ぽすれん
トーク・トゥ・ハー

トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション(DVD)
トーク・トゥ・ハー リミテッド・エディション(DVD)

トーク・トゥ・ハー オリジナルサウンドトラック
トーク・トゥ・ハー オリジナルサウンドトラック

ペドロ・アルモドバル
カエターノ・ヴェローゾ

|

« 上富良野にてポニーと戯れる | トップページ | 「ミア・ファロー自伝」と「くたばれ!ハリウッド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/4600488

この記事へのトラックバック一覧です: [映画] トーク・トゥ・ハー (2002):

» 『トーク・トゥ・ハー』生死の濃厚エキスたっぷり。悲しく美しいストーリー。 [映画のBLOG@今日のいいこと。]
トーク・トゥ・ハー/Hable con ella 女闘牛士。恋人のジャーナリスト。交通事故で4年も意識を失ったままのバレリーナ。歪んだ愛で彼女を看病し続ける看護士。生と死。男と女。静と動。。。この映画は対極する二軸が濃厚に混ざり合い、そして分離する。。あやふやさと究極の愛を描いた濃ゆ〜いドラマです。『オール・アバウト・マイ・マザー / Todo sobre mi madre』の巨匠ペドロ・アルモドバル(Pedro Almodovar)監督作品。 映画の冒頭は、ピナ・バウシュの『... [続きを読む]

受信: 2005年7月 1日 (金) 00:33

» トーク・トゥ・ハー [映画の休日。]
トーク・トゥ・ハー これを果たして「愛」と呼べるのでしょうか? ベニグノ(ハヴィエル・カマラ)は、4年間昏睡状態にあるアリシア(レオノール・ワトリング)が目覚めることを信じて、愛を捧げ、人生を捧げ、献身的な介護を続ける。 マルコ(ダリオ・グランディネ... [続きを読む]

受信: 2005年7月23日 (土) 15:59

» カエターノ・ヴェローゾ (Caetano Veloso) [楽しい音楽を聴く♪]
カエターノ・ヴェローゾ (Caetano Veloso)ブラジル MPB シンガーソングライター カエターノ・ヴェローゾ(1942~)はブラジルのバイーア州、 サント・アローマ・ダ・プリフィカサォンで生まれる。芸術に 深い関心があったカエターノ・ヴェローゾは画家か映画監督 によって身を..... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 02:07

« 上富良野にてポニーと戯れる | トップページ | 「ミア・ファロー自伝」と「くたばれ!ハリウッド」 »