« [映画] めぐりあう時間たち (2002) | トップページ | [映画] 陽のあたる場所 (1951) »

2005年3月10日 (木)

[映画] 彼岸花 (1958)

彼岸花 画像はビデオ

小津安二郎監督初めてのカラー作品である。

内容は定番の親子ものだ。
娘の結婚を中心にした家族のドラマ。
「晩春」や「麦秋」と同様のテーマですな。

今作の父親役は佐分利信。
頑固だ。
娘の結婚話に、
「不賛成だね」
一点張り。

洋画でありがちなホームドラマのように、
やがて態度が軟化して結婚を許し、
めでたくハッピーエンド・・・てなことは全くなくて、
あくまで頑なに最後まで反対し通す。
そこがいい。
日本的だと思う。

脇役では浪花千栄子がおもしろかった。
京都弁で機関銃のように喋りまくる。
誰も止めない。止まらない。
応対していたはずの佐分利信もそーっと立ち去る。
このほったらかしぶりが目茶苦茶可笑しい。

小津映画ではこういうオバちゃん役は
なんといっても杉村春子のポジションだったけど、
この映画の浪花千栄子もかなりいいです。

お母さん役の田中絹代もすばらしい。

カラーでもやっぱり小津は小津であった。
たいへん良かったです。


彼岸花

日本 1958年

監督:小津安二郎
出演:佐分利信、田中絹代、有馬稲子、久我美子、桑野みゆき、佐田啓二、浪花千栄子、山本富士子、中村伸郎、清川晶子、笠智衆

小津安二郎 DVD-BOX 第一集
小津安二郎 DVD-BOX 第一集
『彼岸花』所収

彼岸花(VHS)

秋日和 彼岸花(里見トン) これ原作かな 

彼岸花@映画生活
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVDレンタル」livedoor ぽすれん
GEOLAND オンラインCD・DVDレンタル

小津安二郎監督映画(DVD)

(関連記事)
早春(2004/12/10)
麦秋(2004/12/4)
おすすめの小津本(2004/12/2)
一人息子(2004/11/27)
笠智衆『大船日記』(2004/11/23)
晩春(2004/11/21)
小津と語る(2004/11/18)
東京暮色(2004/11/17)
東京物語(2004/11/11)

|

« [映画] めぐりあう時間たち (2002) | トップページ | [映画] 陽のあたる場所 (1951) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/3249274

この記事へのトラックバック一覧です: [映画] 彼岸花 (1958):

» ★「彼岸花」、心憎い寸止め!★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
「彼岸花」(1958) 日本  監督:小津安二郎 製作:山内静夫 脚本:野田高梧 小津安二郎 撮影:厚田雄春 美術:浜田辰雄 衣裳:長島勇治 音楽:斎藤高順 出演:佐分利信 田中絹代 有馬稲子 久我美子佐田啓二 笠智衆 山本富士子 浪花千栄子他、 例の如く、....... [続きを読む]

受信: 2005年9月16日 (金) 09:30

« [映画] めぐりあう時間たち (2002) | トップページ | [映画] 陽のあたる場所 (1951) »