« [映画] 彼岸花 (1958) | Main | ウディ・アレン インタビュー »

Mar 17, 2005

[映画] 陽のあたる場所 (1951)

陽のあたる場所 スペシャル・コレクターズ・エディション

主演の二人が夢のような美男美女である。
その点でいかにも古き良き時代のアメリカ映画だ。
とりわけエリザベス・テイラーの美しさが際立っていた。

だが物語は深刻で暗い。
主演のモンゴメリー・クリフトは
二枚目だが陰があって、
この役にぴったり合っていたと思う。

モンゴメリー・クリフトについては以下のリンクが詳しい。
モンゴメリー・クリフト
 (素晴らしき哉、クラシック映画さん)
波瀾にみちた人生を送ったひとのようだ。
「エデンの東」のオファーを蹴っていたり。

同じサイトの「陽のあたる場所」のページもおもしろい。
クリフト、同性愛者だったとのこと。本当かいな。


主人公の青年は身勝手で、はっきり言ってろくでもない男だ。
しかし、例えば目の前のすぐ手の届くところに、
突如として美貌の女性と巨万の富が現れたとする。

それに手を出すことを、わずかでも迷わない者がいるだろうか。
たとえそれが罪だとわかっていても、
全てを手に入れる自分を、一瞬たりとも夢想しない者が
いるだろうか。

主人公には非もあるが、不運な面もあった。
完全な悪になりきれなかったが故の不幸な結末が
限りなく苦い。

陽のあたる場所

A Place In The Sun

1951年 アメリカ

監督:ジョージ・スティーヴンス
出演:モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラー、シェリー・ウィンタース、アン・リヴェール

廉価版DVDが近日発売!
陽のあたる場所(DVD)
2005/3/25発売

陽のあたる場所(goo映画)
陽のあたる場所@映画生活
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVDレンタル」livedoor ぽすれん

陽のあたる場所(ビデオ)
陽のあたる場所【字幕版】


原作はシオドア・ドライサー『アメリカの悲劇』。

アメリカの悲劇 世界文学全集 (27)
世界文学全集 64 『アメリカの悲劇』II
アメリカの悲劇(上)新潮文庫
アメリカの悲劇(下)新潮文庫

絶版でプレミアついてます。高いなー。

|

« [映画] 彼岸花 (1958) | Main | ウディ・アレン インタビュー »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference [映画] 陽のあたる場所 (1951):

« [映画] 彼岸花 (1958) | Main | ウディ・アレン インタビュー »