« [映画] 女囚701号 さそり (伊藤俊也監督) | トップページ | [映画] 大誘拐 (1991) »

2005年2月13日 (日)

[映画] ハウス (大林宣彦監督)

HOUSE

大林宣彦監督のデビュー作。
大林監督というと、「正統派」というイメージを何となく
勝手に持っていが、この映画は徹底したB級ノリである。
ちょっと意外だった。

カラフルでメルヘンチックな映像、荒唐無稽なストーリー。
遊びまくりで、やりたい放題という感じだ。面白い。
ファンタジック・ホラーと銘打ってはいるが、さっぱり怖くない。

若い女の子達の行動やしゃべりことばがリアルだ。
「ファンタ」「メロディ」「オシャレ」などとニックネームで呼び合う。
典型的な少女漫画的世界をねらって、それがうまくいっている。

南田洋子ははまり役。
美しくも不気味に怖い老婦人。夢に出そう。

尾崎紀世彦とか小林亜星とかはキャスティングの時点でギャグだ。
おとなびた「オシャレ」ちゃん(池上季実子)の父親役は
なぜか笹沢左保。
普通に俳優してた。
家の表札が「木枯」となっているコネタもあり。

映画秘宝別冊の『アイドル映画30年史』によると、 この映画は
山口百恵&三浦友和の映画と併映だったそうだ。
当然百恵ちゃん映画がメイン。

想像だけど、百恵ちゃん映画の刺身のツマ的存在としての
気楽さからこれだけ自由に撮れたということがあるのかも。
しかも大林監督はテレビCF界から転身してのデビュー作と
いうことで、かなり意欲的でもあったろうし。
そんなことを思わせる、快作でした。

ハウス HOUSE

1977年 日本

監督 : 大林宣彦
出演 : 池上季実子、大場久美子、松原愛、南田洋子

ハウス HOUSE(DVD)
HOUSE ハウス(goo映画)

HOUSE@映画生活
ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVDレンタル」livedoor ぽすれん

|

« [映画] 女囚701号 さそり (伊藤俊也監督) | トップページ | [映画] 大誘拐 (1991) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/2914281

この記事へのトラックバック一覧です: [映画] ハウス (大林宣彦監督):

« [映画] 女囚701号 さそり (伊藤俊也監督) | トップページ | [映画] 大誘拐 (1991) »