« マダム・タッソーがお待ちかね | トップページ | すべてのレコジャケはバナナにあこがれる »

2004年9月 6日 (月)

雨に唄えば

Singin' in the Rain (1952)

P0905.jpg

1952年 アメリカ

監督: ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン
出演: ジーン・ケリー、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズ

見てしまいました。
いやー、すばらしかった。

ジーン・ケリーは主演俳優で監督でもある。すごい人だ。
有名な雨の中で歌うシーンのすばらしさ。
これはあらためて言うまでもない。

そして歌や踊りだけではなく、話が面白かった。
ハリウッド映画がサイレントからトーキーに変わっていく時期の現場の混乱ぶりが、最高におもしろおかしいドタバタ喜劇に仕立てられている。
若きヒロインのデビー・レイノルズもかわいらしかった。

また、ドナルド・オコナーがすばらしくよかったなあ。
歌い、踊り、すごい速さで喋りまくる。
これがボードヴィル芸というやつか。
この人なくしてこの映画の成功はなかったのでは。

その他、マイクの隠し場所に四苦八苦する映画監督の苦悩ぶりとか、サイレント時代の大女優が、しゃべってみると実は珍妙な声だったりとか、おとぼけな映画会社の社長などなど、脇を固める俳優陣の活躍も楽しめた。
決して雨の中で歌うだけの映画ではない。評判どおりの名作でした。

Amazon.co.jp の購入ページへ (廉価版ありますよ \1,575)
雨に唄えば@映画生活
★ネットで借りてポストで返すDVD★livedoorぽすれん★

|

« マダム・タッソーがお待ちかね | トップページ | すべてのレコジャケはバナナにあこがれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/1359381

この記事へのトラックバック一覧です: 雨に唄えば:

« マダム・タッソーがお待ちかね | トップページ | すべてのレコジャケはバナナにあこがれる »