« [映画] タイムトラベラー きのうから来た恋人 | トップページ | [本] キドリントンから消えた娘 »

2004年4月 5日 (月)

[本] ウッドストック行最終バス(デクスター)

Last Bus to Woodstock

P0404.jpg

コリン・デクスター 1988年 早川書房(ハヤカワ・ミステリ文庫)

愛すべき「モース主任警部」のデビュー作として重要な一作。

モースは私にとって<理想のオヤジ像>である。
孤独を愛し、仕事に打ち込み、ランチアをぶっとばす。
実は教養があり、音楽を愛し、繊細な神経を持ちながら、
俗っぽくて、あらゆる誘惑に弱い。
こんな中年になりたい。

この小説については、話も面白いのだが、
とにかくモースが世に出たことが一番だ。

コリン・デクスターは、あるインタビューで
「モース主任警部」シリーズ以外の小説は書かない、と
明言したという。

そして、モースは最新作「悔恨の日」で、「引退」してしまった。

もう、モース主任警部の小説は書かれることはないのか?
著者は1930年生まれ。モースとともに引退するにはまだ早いのでは・・・。
よくあるパターンで、「若き日のモース」なんていうのも読んでみたい。
(今日はここまで。いずれ書き足すかな・・・)

|

« [映画] タイムトラベラー きのうから来た恋人 | トップページ | [本] キドリントンから消えた娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/397404

この記事へのトラックバック一覧です: [本] ウッドストック行最終バス(デクスター):

« [映画] タイムトラベラー きのうから来た恋人 | トップページ | [本] キドリントンから消えた娘 »