« [本] 沈黙の函 (鮎川哲也) | トップページ | [本] 高麗秘帖―朝鮮出兵異聞 (荒山徹) »

2004年3月25日 (木)

[本] 聖なる酒場の挽歌 (ローレンス・ブロック)

WHEN THE SACRED GINMILL CLOSES
ローレンス・ブロック 昭和61年 二見書房(二見文庫) ザ・ミステリ・コレクション

 私がしたことはただ手持ちのものを見つめて、見つめて、見つめただけだ。そうするうちに同じものが別な光を受けて見えることがある。そして、そうなったときにはもう答えが手の内にあるというわけだ。(p.322)

ラストがよかった。
ブロックの作品としては、あるいはマット・スカダーものとしては
八百万の死にざま』がベストという評価もあるようだけど、
こちらの方がまとまっていて、いいと思った。
過去を回想するという設定も効いてる。

(過去に書いたものを一部書き直して再掲載しました)

|

« [本] 沈黙の函 (鮎川哲也) | トップページ | [本] 高麗秘帖―朝鮮出兵異聞 (荒山徹) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16673/349014

この記事へのトラックバック一覧です: [本] 聖なる酒場の挽歌 (ローレンス・ブロック):

« [本] 沈黙の函 (鮎川哲也) | トップページ | [本] 高麗秘帖―朝鮮出兵異聞 (荒山徹) »